卵殻膜とプラセンタをアイテムによって変える

プラセンタエキスと卵殻膜化粧品で迷っている場合、どっちも使用するという選択肢を選んではどうかと提案していますが、その具体的な使用法についてお話してみましょう。
具体的な方法を挙げてみましょう。

  • プラセンタサプリ+卵殻膜化粧品
  • プラセンタサプリ+卵殻膜サプリ
  • プラセンタ化粧品+卵殻膜サプリ
  • プラセンタ化粧品+卵殻膜化粧品

概ねこういったところでしょうか。
ちなみに、リーズナブルに済ませたいという人には、プラセンタ化粧品+卵殻膜化粧品がおすすめです。
理由も含めて1つずつ見ていきましょう。

プラセンタサプリ+卵殻膜化粧品


まず、プラセンタサプリで内側からのハリアップと卵殻膜で外からのハリアップを狙う組み合わせです。
これは大きな効果が見込めますが、その分お値段も張ります。
特に、プラセンタのサプリは質が大事になってきますから、高額となります。

プラセンタサプリ+卵殻膜サプリ


手軽にハリアップを狙いたい人向けですね。
それぞれ別のサプリを購入してもよいのですが、探せば一つのサプリにプラセンタと卵殻膜の両方入っているものもあります。
金額的にはやはり高価ですが、顔だけでなく全身の肌への変化が見込めます。
また、効果はゆっくり出てきますが、長い期間持続するでしょう。

プラセンタ化粧品+卵殻膜サプリ


そこそこの効果を狙いつつ、しわやたるみの改善をしたい人におすすめです。
卵殻膜は、サプリで摂取するよりも外側から与えた方がよいという説もありますが、プラセンタを美容液で使用したい人にはこの方法がよいでしょう。

プラセンタ化粧品+卵殻膜化粧品


できるだけリーズナブルにどちらも取り入れたい人向けです。
プラセンタも卵殻膜も、どちらも外側から取り入れる方法です。
プラセンタ配合の化粧水に、乳液、そして卵殻膜美容液を使用するといった方法があります。
ともかく外側からどんどんアプローチして、比較的すぐに目に見える効果を実感することは可能ですが、サプリと比べると持続力は多少劣ります。

どちらか一つだけでいいという人は、どちらも試した上で自分のお肌に効果を感じる方を選べばよいのですが、どちらも取り入れたいという人は、うまく使い分けてみるのがよいですね。
私は持ち運べる化粧水にプラセンタが配合されています。
少し高価ではありますが、外で乾燥が気になる際にシュッと吹きかけてリフレッシュもできます。
また、自宅では卵殻膜化粧品を使用しています。
さらに、乾燥が気になる冬の時期には、プラセンタサプリも愛飲しています。
これで乾燥肌がグッとよくなり、ハリがアップしたので、私にはこの方法が合っているのだと感じています。
皆さんも、自分に合う方法を見つけて、より素敵な自分を共に目指していきましょう。